特許協力条約に基づく国際出願(PCT出願)の出願人の皆様へ(注意喚起)


 PCT出願を行っている出願人様の下に、あたかも権威ある機関であるかのように装った者が、金銭の支払いを請求する手紙(多くは英文)を、特許事務所等の代理人経由ではなく直接に送り付けてくることがあります。
 しかしながら、法的に根拠のあるものではなく、そのような支払い要求に応じる義務はございません。
 この手の不審な手紙は、PCT出願の国際公開(通常は、優先日(第一国出願日)から1年6月経過後)を契機としてもたらされるようです。
 世界知的所有権機関(WIPO)のウェブサイトに、既に知られている不審な手紙の発送者が掲示されております。手紙を受け取られた場合等には、是非御確認下さい。


ニュース

 2014.09.08
赤澤特許事務所ウェブサイトをリニューアルしました。